スニーカーの紐の結び目を隠すスマートな方法4つ

スニーカーの紐を隠すスマートな方法4つ

あなたは、スニーカーの紐が長い時、どうにかして紐の結び目を隠す方法や見た目にスマートにしたい、と思うことはないでしょうか?

このページでは、スニーカーの紐の結び目をスマートに見せる方法や紐を隠す方法など4つの方法について書いてあります。

 


紐が長すぎるせいで、デザインが気に入ったのに、イメージと違う、スマートに見えない、そんな時にスマートに見せる方法や紐を隠す方法4つをご紹介します。

(1)紐を短くする

この方法は、紐自体を隠す方法ではないのですが、一番簡単です。

長すぎるスニーカーの紐を短いものに取り換える、という方法です。

当たり前のように思えますが、意外とスッキリとシャープに見えます。

この方法は、スニーカーだけでなく革靴などにも応用が利きます。

(2)紐を結ばないでインソールに入れる

YouYube で良い方法がありましたのでご紹介します。

スニーカーの紐を隠すスマートな方法4つ

参考: DevanOnDeck “HOW TO HIDE YOUR LACES (Easy + Fast Shoelace Hack)”


紐を穴に全部通して、一番上の穴に紐を通すとき、上から紐を通します。

そして、結び目を作らないで、そのまま紐をインソールの下に入れてしまう方法です。

靴ひもを全部通して、一番上の穴に上からひもを通します。

次に、インソールをめくります。

紐をインソールの中にしまいます。

インソールをかぶせます。

これで出来上がりです。

見た目はこんな感じになります。

(3)結んだ紐をベロの下に入れる

スニーカーによっては、インソールが取り出せないものもあります。

インソールが取り出せない時の方法です。


やり方は、(2)の方法と途中まで一緒です。

紐を穴に全部通して、一番上の穴に紐を通すとき、上から紐を通します。


そして、そのまま内側に結び目を作ります。

その結び目をベロの下に来るようにしまいます。

紐を全部通して、一番上の穴には上からひもを通して紐を結びます。

結び目は内側(ベロの上)に来るように結びます。

ベロを取り出します。

結び目をベロの下に隠します。

これで出来上がり。

外観からは結び目が見えず、スッキリとしています。

(4)結んだ紐をベロの上に入れる

この方法は、私のアレンジした方法です。


(3)の方法では、靴を履いた時に、結び目が直接足の甲に当たってしまいます。

結び目が当たって痛い時や違和感がある時の方法です。


やり方は、(3)の方法と途中まで一緒です。

紐を穴に全部通して、一番上の穴に紐を通すとき、上から紐を通します。

そして、そのまま内側に結び目を作ります。


その結び目をベロの上に来るようにして、結び目も余った紐も全部ベロの上に来るようにしてしまいます。

こうすると、ベロの上の部分に紐が収まるので、直接紐が甲に当たらないようになります。